まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2019.01.08
ケア記事

【冬のマツエクケア】空気が乾燥する季節はオールインワンゲルでケア

マツエクは汗に弱いアイメイクですので、冬のシーズンは比較的ケアが楽になると思われがちです。
でも、この時期の乾燥した空気が、まつげを作りだす毛の生え際を弱らせ、マツエクの元気を奪ってしまうのです。
今回は、空気の乾燥で肌荒れが起きやすいこの時期におすすめの、とっておきのマツエクケアアイテムを紹介します。

 

目元がカサつた状態になっていませんか?

 

 

冬になると、どうしても湿度が下がってお肌がカサつきがちになりますよね?

 

普段から乾燥肌の方でしたら、粉を拭いてしまうこともしばしば。

 

とくに、目の周辺は皮脂の分泌量が少ないですし、寒さで血行不良が重なると、まつげはハリやコシを失い、新しい毛を作るための栄養分も不足するのです。

 

こうして、目元の健康状態は一気に低下して、マツエクをしっかり支えることができない状態に。

 

マツエクの持ちも悪くなりますし、抜け毛、切れ毛も増えていきます

 

【冬のマツエクケア】空気が乾燥する季節はオールインワンゲルでケア
そこで、マツエクユーザーさんに使っていただきたいのが、オールインワンゲルというスキンケアアイテムです。

 

化粧水、美容液、乳液、クリーム、化粧下地などが1つにまとまった商品で、スキンケアの時短につながると10年ぐらい前から人気を集めています。

 

 

スキンケアでいくつものアイテムを使っていると、どうしても肌を擦る回数が増えてしまい、目元にもそのダメージが加わってしまいます。

 

当然、マツエクの持ちにも影響しますよね?

 

 

でも、オールインワンゲルを使えば、ほんの数分でベースのスキンケアが完了しますから、肌ダメージは最低限に抑えられるのです。

 

 

目元にはアイクリームを塗り足す

 

 

ただし、とっても便利なアイクリームにも、1つだけ弱点があります。

 

それは、個々のスキンケア商品よりも機能が落ちるということ。

 

スキンケアのベースとなる保湿機能も、オールインワンゲルは有していますが、美容液などを単独で使う場合と比べると、どうしても保湿力などが不足してしまうのです。

 

【冬のマツエクケア】空気が乾燥する季節はオールインワンゲルでケア
ですから、オールインワンゲルを塗って水分が足らない部分には化粧水を、カサツキが目立つ場所には保湿剤を塗り足すようにしてみてください。

 

とくに、目のまわりは乾燥が進みますから、ここだけ保湿を強化するだけでなく、クリームも塗って油分もしっかり補給するといいでしょう。

 

 

入浴前に塗ってパック代わりにするのもおすすめ

 

 

オールインワンゲルの使い方で、もう1つおススメなのは、シートパックの代わりに使うという方法。

 

入浴前にこのアイテムを塗ると、毛穴が開いた状態で美容成分がしっかり浸透していきますので美肌効果が数倍アップすることが期待できます。

 

この場合も、まぶたや目の下には重点的にゲルを塗ってケアすれば、乾燥で受けたダメージもしっかり回復して、冬もしっかり映えるマツエクが楽しめるようになることでしょう。

 

【冬のマツエクケア】空気が乾燥する季節はオールインワンゲルでケア
オールインワンゲルは、さまざまなタイプのモノが発売されていますが、なるべく保湿力が高いものを選ぶようにしてくださいね。

 

とくに、「ヒト型セラミド」という保湿成分が含まれているアイテムだったら、アンチエイジングも進みますよ。