まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2017.10.04
悩み記事

妊娠中や出産後にまつげエクステは可能?まつげが抜ける理由は?

妊娠中もマツエクをしていて、出産してから急に地まつげと一緒にマツエクが抜けるようになってしまい、まつげが少なく見えるようになってしまったと悩んでいる人も多いかと思います。
なぜ、出産後はマツエクが抜け落ちてしまいやすいのでしょうか?
今回は、出産後のマツエクについてご紹介します。

 

そもそも妊婦さんや出産後の人は、マツエクできるの?

 

 

そもそも、妊娠中にマツエクすることはできるのか確認してみましょう。

 

みなさんが真っ先に不安を感じるのは、グルーから発生する化学物質の影響ではないでしょうか?

 

妊娠中や出産後にまつげエクステは可能?まつげが抜ける理由は?
マツエクの接着に使われるグルーは、空気に触れるとホルムアルテヒドという、刺激臭の強い化学物質(気体)を発生させます。

 

この気体は、目やのど、鼻に炎症を引き起こすほか、動悸、ぜんそくの発作が発生することもあります。

 

さらに、がんを引き起こすということも分かっています。

 

 

これは継続的にホルムアルテヒドに触れているときのケースで、マツエクの施術のように短時間であれば、悪影響が及ぶ心配は考えなくてよいでしょう。

 

ただし、妊娠していない方でも、グルーが原因でアレルギー反応を起こすことがありますから、妊娠中や産後にマツエクをする場合は、刺激の低いアイテムを使っているサロンを選ぶようにしましょう。

 

そして、施術前のカウンセリングで、スタッフに体調を詳しく伝えるとともに、アレルギー反応の有無をチェックするために、パッチテストをしてもらうようにしましょう。

 

 

 

妊娠中はホルモンバランスが変化しています

 

 

妊娠すると、お母さんの体は赤ちゃんにも栄養を供給するため、ホルモンバランスが乱れやすくなっています。

 

自身の細胞に届く栄養が減ってしまうこともあるので、まつげも栄養不足になってしまうのです。

 

その結果、妊娠中はもちろんのこと、出産後もまつげが抜けやすくなって、マツエクが取れてしまうことも多いです。

 

 

一方で、妊娠中は女性ホルモンの分泌量が多くなるため、まつげを始めとした体毛が濃くなる人もいます。

 

腕や足の毛が濃くなって、自己処理をする機会が増えたという声は、よく聞きますね。

 

まつげも例に漏れず、成長しやすい環境にあります。

 

 

しかし、出産後は女性ホルモンの分泌量は妊娠中よりも抑えられます。

 

そうなると、まつげの成長が止まってしまい、そのまま毛周期のサイクルで抜け落ちてしまうのです。

 

こうした変化は、まつげだけではなく、髪の毛でもみられます。

 

 

 

出産後のマツエクは、体が本調子になってから!

 

 

マツエクは体に大きな負担を与えるというわけではないですが、出産後半年ぐらいの間は、妊娠前の体に戻る時期です。

 

妊娠中や出産後にまつげエクステは可能?まつげが抜ける理由は?
ですから、マツエクは体調がもとに戻ってから再開するのがベストと言えるでしょう。

 

出産後は、ホルモンのバランスを整えることに専念して、栄養バランスの優れた食事や、質の高い睡眠で、からだをいたわってあげてください。

 

 

マツエクができない期間は、“マツイク”に専念するのも1つの手です。

 

まつげ美容液で、ていねいにまつげケアを行ったり、まつげの育成に効果的な栄養素を積極的に摂ったりするといいですよ!