まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2018.08.09
デザイン記事

初心者に多いマツエクの本数選びの間違い!友達と同じにするのはNG?

マツエクサロンに行く時は、お友達と一緒というケースも多いですよね。
確かに、初めてマツエクをするときに、経験者の友人が一緒なら心強いですし、友達と一緒に来店すると利用できる割引クーポンを用意しているお店もあります。
でも、友達と同伴の際に、マツエクを失敗してしまう落とし穴があるのです。
そこで今回は、友人と同時施術をするときの注意すべき点について、お話したいと思います。

 

「友達と同じデザインでいい」はNG!

 

 

マツエク初心者の中には、

 

「友達のステキな目元を見て、マツエクを始めようと思った」

 

という方も多いですよね。

 

だからでしょうか、デザインを決めずに「同じにしてほしい」という人が、意外と多いのです。

 

しかし、これは絶対にNG。

 

お友達のデザインがステキだからといって、あなたにもそのデザインが似合うとは限らないのです。

 

初心者に多いマツエクの本数選びの間違い!友達と同じにするのはNG?
マツエクはつけまつげなどと違い、その人の目の大きさや形、好みに合わせて目元をつくりだす、オーダーメイドの施術です。

 

お友達も、自分の目元の欠点をカバーして、見た目に合ったデザインのマツエクをしています。

 

エクステの長さやカールを調整することで、たれ目に見せたり、目を大きく見せたりすることも可能なので、あなたにだけに合うスタイルを見つけるようにしましょう。

 

 

マツエクサロンでは、施術の前に必ずカウンセリングを行い、その人の希望や悩みに添ったデザインを提案してくれます。

 

安易に他の人と同じデザインにするのではなく、まずは「なりたい自分」を決めてから、サロンを訪れるようにしましょう。

 

説明が苦手という人は、SNSなどで自分に雰囲気の似たモデルさんなどを探して、その中から気に入った写真をブックマークして、アイリストさんに見せるといいですね。

 

 

まつげの状態によってエクステ選びが変わる

 

 

マツエクをするとき、もっとも迷うのがエクステの本数です。

 

悩むあまり、つい友達の本数を聞いて同じにしてしまった、という経験があるという方もいますよね。

 

でも、最適な本数も、目の大きさやまつげの状態によって大きく変わるので、人のマネをするのはおススメできません。

 

 

同じ100本でも、目の小さい人の場合は、エクステの密度が増して目元がクッキリと見えますが、目が大きければ、逆に、密度が低くボンヤリ見えてしまうこともあるのです。

 

初心者に多いマツエクの本数選びの間違い!友達と同じにするのはNG?
本数を決めるときは、自然に仕上げたいか、もしくは、華やかにしたいかといった印象で決めるといいでしょう。

 

マツエクだと絶対にバレたくないという人は60本くらい、少し控えめに付けるといいですね。

 

初心者の方は、少ない本数からスタートして、様子を見ながら本数を増やしていくというやり方が、一番フィットするデザインに出会えますよ。

 

 

60本だと物足りない、もう少し華やかさがほしいと思ったら、80本くらいがおススメ。

 

この本数は、自然さをキープしながら、パッチリとした目元になれるギリギリの本数になります。

 

100本付けると、自然さは失われますが、カワイイ印象が強くなりますよ。

 

初心者に多いマツエクの本数選びの間違い!友達と同じにするのはNG?
また、初めてマツエクする人は全部のまつげにエクステを付けられると思いがちですが、傷んだまつげや、間もなく自然に抜けていく地まつげには付けられません。

 

サロンでは、まつげの健康状態もアイリストが確認してくれるので、希望の本数が叶わないことがあることも覚えておきましょう。