まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2018.06.08
悩み記事

【安全なマツエクにつながる知識】マツエクの持ちはグルーで変わる?

マツエクをするとき、仕上がりの美しさとともに気になるのが、持ちの良さですよね。
マツエクの持ちは、アイリストの技量やアフターケアなどによっても変わりますが、エクステを装着する時に、どんなグルーを使ったかによっても大きく違ってきます。
そこで今回は、マツエクのグルーのなかで、持続性が高いものはどれなのか、その特徴とともに説明してゆきたいと思います。

 

サロンで扱うグルーは電話で確認!

 

 

マツエクサロンには様々な種類のグルーが準備してあり、お客さんの希望や体質に合ったグルーを提供してくれるんですよ。

 

ここでは、持続性の高いものからに、グルーを紹介してゆきたいとおもいます。

 

 

メチルシアノアクリレート

 

 

持続力が最も高く、乾くのも早いメチルシアノアクリレート。

 

扱いやすいグルーではありますが、そのぶん刺激が強く、刺激臭もキツイため、最近では使わないサロンが増えています。

 

 

エチルシアノアクリレート

 

 

エチルシアノアクリレートは高い持続性があり、その期間は4週間以上とされています。

 

硬化するスピードはグルーの中でも最速となりますが、刺激が強いため、目にしみるなどの症状が出ることが少なくありません。

 

【安全なマツエクにつながる知識】マツエクの持ちはグルーで変わる?
刺激臭も少しありますし、アレルギー反応を引き起こす可能性も考えられるので、アレルギー体質の方や敏感肌の人にはおススメしません

 

このグルーは、マツエクの持ちは非常にいいのですが、目の健康へのリスクがあることを覚えておきましょう。

 

 

ブチルシアノアクリレート

 

 

上記の2つのグルーに比べ、刺激が低いのが特徴です。

 

無臭でイヤな刺激臭もありませんし、ホルムアルデヒドの発生も少ないため、敏感肌の人でも比較的安心して使えます。

 

持続性にはやや欠けますが、グルーが硬化しても柔軟性があるので、使い心地がいいですよ。

 

 

エトキシエチルシアノアクリレート

 

 

非常に刺激が低く無臭のグルーで、安全性は高いですが、そのかわり持続力は低いです。

 

その上、硬化速度が遅いので、しっかりと付くまで時間がかかってしまうんですよ。

 

サロンだと、施術時間がかかってしまうというデメリットがありますね。

 

【安全なマツエクにつながる知識】マツエクの持ちはグルーで変わる?

オクチルシアノアクリレート

 

 

他のグルーと比べて、粘度が高いのが特徴です。

 

 

無臭で低刺激なので安心して使えますが、やはり持ちは良くありません。

 

 

メトキシエチルシアノアクリレート

 

 

高い粘度があり、硬化速度遅いため、初心者におススメのグルーです。

 

こちらも刺激は少ないですが、やはり持続力が低い上、あまり長く保管することができません。

 

 

サロンの公式サイトでは、どのような種類のグルーを使っているか記載されていないことが多いので、健康トラブルの発生リスクを考えて、予約前にサロンに電話して確認するようにしましょう。

 

 

持ちの良さより、カラダにやさしいグルーを選ぶ

 

 

マツエクサロンでよく使われているグルーをご紹介しましたが、持続力が高いものは刺激が強く、身体へのダメージは避けられない、ということがよくわかりましたよね。

 

グルーによる刺激を受ける可能性があることを理解した上で、持ちの良さを優先するのも選択肢の一つでしょう。

 

【安全なマツエクにつながる知識】マツエクの持ちはグルーで変わる?
その一方で、過去に肌がかぶれるなどのトラブルがあったという方や、アレルギー体質の方などは、多少、持ちが悪くても刺激が低くて、からだにやさしいグルーを選んだほうが無難ですよ。

 

せっかく、お気に入りのデザインが実現しても、目にトラブルが発生して病院に行くことになったら、マツエクを全部外すことになってしまいますから・・・。

 

以上の点を参考に、とくに、初めて行くサロンでは、扱っているグルーの安全性もお店選びの基準にしてくださいね。