まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2018.05.11
デザイン記事

【一重のコンプレックスを解消】マツエクの「Lカール」活用術!

一重まぶたの方からよく聞くお悩みの中で多いのが、
「小さな目をパッチリさせたくてマツエクしたけど、思ったほど華やかにならなかった…」
というもの。
こうした失敗は、まつげの生え方を考えた上でエクステを選んでいないことが原因なんですよ。
そこで後悔しない目元にするために、今回は一重の方がエクステを選ぶ時のポイントを、アドバイスをしてゆきたいと思います。

 

施術前に、まつげが下がっていないか必ず確認

 

 

一重の人がマツエクしても目元がパッチリしなかった、という不満を抱く場合、大抵は「下がりまつげ」であることが多いんです。

 

下がりまつげとは、毛が下向きに下がって生えているまつげのことをいいます。

 

地まつげが下を向いていたら、当然、装着したエクステも下向きになってしまいますよね。

 

これでは、いくらたくさんエクステを付けても、正面からはまつげ見えません。

 

 

目元をパッチリ見せるためには、正面から見た時に、エクステの毛先がしっかりと見えるようにしなくてはならないんですよ。

 

そのためにも、施術前に自分のまつげがどの程度下がっているかをチェックしましょう。

 

その下がり具合によって、最適なエクステを選ぶのが重要なんですよ。

 

【一重のコンプレックスを解消】マツエクの「Lカール」活用術!

長さではなくカールで見映えを調整

 

 

目元を華やかにしたいと思うと、ついつい長いエクステを選びがちですが、それは間違いなんです。

 

さきほどもお話したように、一重の人場合は、正面から見て毛先が見えることが重要。

 

この状態で、長さを出しても、エクステが前に出るだけなので、まつげの下がり具合によっては、長いマツエクが目にかぶさって、かえって目が小さく見えてしまうこともあります。

 

したがって、一重の目元に華やかさを出す時は、カールで調整するようにしましょう。

 

 

ただし、カールの強さは、地まつげの下がり具合に合わせて選ぶのですが、経験の浅いアイリストだと調整ができないことも。

 

こうしたケースも想定して、施術の予約をする時にお店に電話をして、事前に一重で悩んでいることを伝えておき、カールで調整できるか相談しておくことをおススメします。

 

【一重のコンプレックスを解消】マツエクの「Lカール」活用術!

カール選びのポイントは?

 

 

エクステの毛先の見え具合というのは、地まつげの下がっている角度によって変わります。

 

ですから、元々のまつげが下を向いていればいるほど、カールの角度が強いエクステを選ぶのが正解となります。

 

 

マツエクサロンで1番人気のあるのは、軽くビューラーをかけたようCカールですが、一重の方の場合、正面からみるとほとんど見えないことが多いんです。

 

強めにビューラーをかけたようなCCカールくらいだと、カールが丸く上がっているので、前から見ても毛先がしっかりと見えるでしょう。

 

CCカールよりもう少し華やかにしたいと思ったら、さらにカールが強いDカールにするといいですよ。

 

【一重のコンプレックスを解消】マツエクの「Lカール」活用術!

また、地まつげがかなり下がっている人や、うんとパッチリさせたいと思う人はLカールを選んでください。

 

Lカールは、ビューラーで根元だけを持ち上げたようなカールです。

 

エクステが垂直に上がるので、一重の方でも満足のゆくパッチリ目元になれますよ。

 

 

以上のポイントを参考にして、理想的な目元を目指しましょう!