まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2018.04.09
デザイン記事

【マツエクのボリュームアップ新技法】ボリュームラッシュの次に流行?

昨年から話題となっている新しいマツエク、「フラットラッシュ」。
導入しているサロンはまだごく一部ですが、
「今までにない軽さ!」
「すごく持ちがいい!」
と、マツエクユーザーの間で早くも評判になっています。
現在、マツエクの施術で人気が高いのはボリュームラッシュですが、果たしてこれを超えることができるのでしょうか。
そこで今回は、フラットラッシュとボリュームラッシュを、徹底的に比較してみたいと思います。
どちらにしようか迷ったとき、検討する材料にしてくださいね。

 

2つの技法、見た目のボリュームの違いは?

 

 

まずは、2つのマツエク技法の「見た目」についてお話していきましょう。

 

その前に、それぞれの施術方法の違いを簡単に説明しますね。

 

 

ボリュームラッシュは、極細のエクステ数本を束にして、1本の地まつげに装着する施術法です。

 

最もポピュラーなのは、3本のエクステを束にした3Dボリュームラッシュですよね。

 

最近は、6本ものエクステを束にした6Dボリュームラッシュを取り扱っているサロンもありますが、3本の束でも十分ボリュームが出ます。

 

【マツエクのボリュームアップ新技法】ボリュームラッシュの次に流行?
この束エクステをまつげの隙間を埋めるように装着するので、目元がアイラインを描いたように濃密になるんですよ。

 

また、極細エクステをたくさん付けるので、まつげがフサフサとした感じになるのも人気の理由となっています。

 

 

一方、フラットラッシュは、エクステの先だけが、2股に裂けたように分かれていているという、従来とは全く違った形状エクステを使用して行うマツエクなんです。

 

この2つに裂けたエクステ1本を、地まつげ1本に装着していきます。

 

付け方としてはシングルラッシュと同じですが、毛先が2つに分かれているので、本来付けている本数より倍のボリュームに見せることができるんですよ!

 

【マツエクのボリュームアップ新技法】ボリュームラッシュの次に流行?
ただし、エクステの根元は1つだけなので、根本3本のボリュームラッシュと比べると軽やかな印象があります。

 

見た目としては、ボリュームラッシュはフサフサの濃密まつげ、フラットラッシュは軽やかで程よいボリュームの目元になれますよ。

 

 

「持ち」がいいのはどっち?

 

 

続いて、気になる「持ち」のよさを比較してみましょう。

 

軽量のエクステを使用しているボリュームラッシュは、地まつげへのダメージも少なくて、従来のシングルラッシュと比べて、非常に「持ちがいい」といわれてきました。

 

でも、残念ながらフラットラッシュの持続性にはかなわないでしょう。

 

 

フラットラッシュの持ちをキープできるヒミツは、その形状にあります。

 

従来のシングルラッシュは、断面が丸い形だったのに対して、フラットラッシュは平たい形をしているんですよ!

 

平らな形状で、接着面をたっぷりとることができるため、地まつげとエクステをしっかりと装着することができるんですね。

 

その結果、エクステが取れにくく、持ちが比較的に良くなったんです。

 

【マツエクのボリュームアップ新技法】ボリュームラッシュの次に流行?

軽くてつけやすいのはどっち?

 

 

ボリュームラッシュの人気の理由のひとつは、

 

「軽い付け心地なのに、ボリュームがスゴイ」

 

ということ。

 

なんと、シングルエクステの4分の1程度と、ビックリするくらい軽いんです。

 

 

これに対して、フラットラッシュエクステの重さは、メーカーによって異なりますが、シングルエクステと比べて3分の1程度、あるいは最大50%ぐらいの軽さとなっています。

 

どちらもシングルに比べると軽量ではあるものの、フラットラッシュの軽さは、とても魅力的ですね!

 

ボリューム、持ち、付け心地、あらゆる点でボリュームラッシュより優れているフラットラッシュ。

 

今年から採用するサロンが急増して、マツエクの定番になりそうな予感?