まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2018.04.08
デザイン記事

【マツエク100本のイメージ】施術方法で見た目が大きく変わる?

現在マツエクの施術方法は、シングルラッシュ、ボリュームラッシュ、アップワードラッシュの3つのやり方が主流となっています。
例えば、「エクステ100本」と一口にいっても、それぞれエクステを付けるアプローチが異なるため、仕上がりの印象もかなり違ってくるんですよ。
そこで今回は、
「エクステ100本で想定すると、施術方法によって具体的にどう違うのか」
というテーマでお話したいと思います。
マツエクの装着方法を選択する時に、必ず参考になるので、是非、覚えてくださいね。

 

シングルラッシュ100本のイメージ

 

 

シングルラッシュでエクステ100本にすると、

 

「自然に見えるけれど、目元の印象がちょっと変わった」

 

といった感じの仕上がりになります。

 

 

エクステを元々のまつげに近い太さにして、長さを9~10ミリ程度と短めにし、ゆるいJカールを選べば、地まつげが伸びたように見えますよ。

 

もう少し華やかさをプラスしたいと思う方は、強めのCカールをチョイスし、長さを12ミリ程度にすると、際立ってはいるけれど、やりすぎ感のない印象になります。

 

すっぴんでも顔に馴染む目元にしたい、あるいはマツエクとバレたくないという人は、シングルラッシュがおススメですね。

 

【マツエク100本のイメージ】施術方法で見た目が大きく変わる?

ボリュームラッシュ100本の印象

 

 

ボリュームラッシュは、地まつげ1本にエクステ1本を付ける他のやり方とは違い、極細のエクステを束にしたものを付けるので、本数の表示に違いがあります。

 

サロンによって表示の仕方はまちまちなのですが、

 

「3Dボリュームラッシュ100本(実質300本)」

 

「3Dボリュームラッシュ100束」

 

などと表記されていることが多いようです。

 

 

一般的には、3Dボリュームラッシュの場合、エクステ3本の毛束を100束、つまり300本でシングルラッシュ100本と同等のボリュームとして考えられているんですよ。

 

このため、本数ではなく束単位で記載されているところもあるんですね。

 

【マツエク100本のイメージ】施術方法で見た目が大きく変わる?
ただし、本数だけでなく「実際の仕上がった印象」で考えるなら、ボリュームラッシュが3つの施術の中で、1番フサフサとした感じのまつげになります

 

ふっさりとした濃い目のまつげにしたい方は、ボリュームラッシュがベストでしょう。

 

 

アップワードラッシュの印象

 

 

アップワードラッシュは、他の2つと全く違う技法で行うマツエクです。

 

地まつげを、特殊な方法で上向きにグイっと上げてからエクステを付けるのが、大きな特徴なんですよ。

 

同じ100本でも、シングルラッシュやボリュームラッシュが、前にせり出したように装着されるのに対して、エクステが垂直に真上を向いて付くので、正面から見た時のパッチリ感がハンパないです!

 

 

パッチリとした目にしたい、お人形のような目元にしたいという方は、アップワードラッシュがいいですよ。

 

本数が少なくても華やかさを出すことができるので、目元へのダメージに不安がある方にもピッタリの施術法です!

 

 

同じ100本でもなりたい印象によって施術方法によって違いがあること、お分かりいただけましたか?

 

「シングルラッシュは自然な印象」

 

「ボリュームラッシュは濃い目のフサフサまつげに」

 

「アップワードラッツシュはパッチリ華やか目元になる」

 

と覚えておきましょう。