まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2018.03.06
ケア記事

意外と知られていない?一番効果があるマツイクの方法教えます!

マツイク(マツ育)とは、健康的なまつげを育てることで、専用のまつげ美容液を使うケースが多いです。
でも、高機能なまつげ美容液を使っても、全然マツイクの効果が出ないという方は、この記事をしっかり読んでください。
口コミで評判が高いマツイクアイテムを使うより、何倍もの効果が出るマツイクを教えちゃいますよ!

 

マツエクしたらマツイクするのが常識

 

 

マツエクは目元に負担を与えず、お気に入りのアイメイクを継続して楽しめるオシャレと思われがちです。

 

確かに、最近のマツエクに使われるエクステは、ひと昔前のものと比べると非常に細くて、しかも、かなり軽量になっています。

 

その特性を利用した3Dボリュームラッシュなどは、1本のまつげに3本のエクステを装着するといった施術法になっていて、まつげが少ない人でもフサフサになれると人気を集めています。

 

意外と知られていない?一番効果があるマツイクの方法教えます!
しかし、エクステが軽量になっても、まつげに負担がかかることには変わりありません

 

軽量のエクステでも、多くの本数をつけてしまえば、それなりの重さになって、まつげを根元から引っ張り続けることになるんです。

 

それに、エクステの装着に使われるグルーも、低刺激のタイプが開発されていますが、どんなアイテムでも「ホルムアルデヒド」という化学物質を発生させます。

 

 

マツエクサロンで施術を受けたことがある方でしたら、エクステの装着の際、少し目がしみたという経験があると思います。

 

これが、ホルムアルデヒドの刺激なんです。

 

ですから、普段のケアがおざなりになると、目やお肌にトラブルが発生しやすくなるんです。

 

 

このように、常にダメージを受け続けている目元をケアするために、マツイクをすることは、もはやマツエクの常識と言えるでしょう。

 

でも、まつげ美容液などを使っても、なかなか目元の健康状態が回復せず、マツエクの持ちが悪いとお悩みの方は、

 

マツエクをしばらくお休みする

 

というマツイクを実践してみてください。

 

これが、一番効果がある、まつげと生え際付近の健康回復法なんです。

 

 

マツエクを“お休みする”こととは?

 

 

一度、マツエクを始めると、エクステが崩れたらリペアしたり、オフしたりといったメンテナンスを繰り返してアイメイクを続ける方がほとんどです。

 

でも、目元の健康状態はマツエクしたままだと改善しにくいですし、施術を受けるたびに刺激を受けるので、さらに悪化することも

 

最悪の場合、まつげが抜けてしまって、マツイクしても生えてこなくなり、マツエクどころではない状態になることも少なくないんです。

 

意外と知られていない?一番効果があるマツイクの方法教えます!
目元の健康状態に問題がなく、マツエクの持ちに不満がない方でも、3カ月に1回のペースで

 

「マツエクをお休みするというマツイク」

 

を取り入れてみてください。

 

マツエクを休んでいる間は、まぶたにアイクリームを塗って皮脂と水分のバランスを整えたり、アイシャンプーを使ってまつげや毛の生え際を洗浄したりといった、スペシャルケアを徹底しましょう。

 

 

マツエクをしない状態をしばらく続けながら、ダメージケアを続ければ、次にマツエクする時は、さらに持ちがよくなることでしょう。