まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2018.02.23
ケア記事

半分以上の人が間違い?マツエクの持ちにつながる正しい洗顔後のケア

マツエクは水と油に弱いということは、みなさんもご存じだと思いますが、その理由は説明できますか?
エクステの持ちをアップさせるために、マツエクにダメージを与えないようにするだけでは、思ったようにデザインをキープすることはできません。
そこで今回は、マツエクが水に触れることを避けられない「洗顔」と、その後のケアにフォーカスして、マツエクの持ちをアップさせるコツを伝授してゆきます。
マツエクの特性までしっかり理解して、マツエクの持ちアップと節約につなげましょう!

 

泡洗顔はお肌だけでなくまつげにも優しい!

 

 

毎日のスキンケアとして、誰もが行なっている洗顔。

 

洗顔料を泡立てて手に伸ばす、お肌にこすって汚れや皮脂を落としますが、ちょっとお待ちください!

 

指で肌やまつげに直接触れて、摩擦を発生させていませんか?

 

 

デリケートなお肌は、指で軽くこするだけで細胞がダメージから身を守る体制を作り、シミのもとであるメラニン色素をつくり出すんです。

 

ですから、洗顔は指で肌をこするのではなく、洗顔料のを転がして老廃物などを絡め取るのが基本。

 

こうしたケアによって、まつげも摩擦によるダメージを受けずに済むので、マツエクが取れることも避けられますよ。

 

半分以上の人が間違い?マツエクの持ちにつながる正しい洗顔後のケア
正しい洗顔方法をマスターしても、まだまだ油断は禁物です。

 

洗顔料をすすいで、顔に残った水分をタオルで吸い取っても、まつげには小さな水滴が付着していますし、毛の生え際も湿気がたまっています

 

このままでは、水分がエクステの接着に使われているグルーを溶かしてしまい、マツエクの持ちが悪くなってしまうのです。

 

こうしたトラブルを避けるのに効果的なのは、ドライヤーによる乾燥です。

 

熱風だと毛が傷んでしまうので、強めの冷風を少し離れた位置でスイッチをONにして、水分をしっかり飛ばしてください。

 

 

洗顔後のひと手間で、驚きの持ちが実現!

 

 

マツエクや目元が乾いて、次にやることは、コーティング剤によるケアです。

 

コーティングとは、英語で「覆う」という意味で、マツエクに直接塗ることで水や油をはじいてくれます

 

洗顔以外にも、日常生活には水分や油分が付着するシーンは、実にたくさんあります。

 

汗をかいた時、雨降りの日の外出、メイクの崩れ、皮脂の過剰分泌などなど。

 

半分以上の人が間違い?マツエクの持ちにつながる正しい洗顔後のケア
こうしたダメージは、コーティング剤を毎日使うことで最低限にでき、マツエクの持ちがビックリするほどよくなります。

 

ケアアイテムが増えると、出費がかさんでくるのが悩ましいところですが、マツエクの持ちがよくなるとリペアのペースが減りますから、年間で数万円単位節約になることもあるんです。

 

手間もかかりますが、お気に入りのアイメイクをキープするためだと思えば、すぐに慣れて苦になることはありませんよ。

 

 

最後にもう1つ、スクリューブラシを使ったケアをおススメしておきます。

 

髪の毛をとかしてケアするように、まつげも専用ブラシでからまりを防げば、マツエクの持ちはさらにアップします。

半分以上の人が間違い?マツエクの持ちにつながる正しい洗顔後のケア
使い方はとってもカンタンで、まつげの根元から数回ほどとかすだけでOK!

 

スクリューブラシは100均でも売っていますから、早速、手に入れてみて、マツエクのケアに使ってみてください。

 

1日たった数秒のケアが、何日ものデザインキープにつながることでしょう!