まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2018.01.27
デザイン記事

オフィスシーンにピッタリ!デキる女に見えるマツエクデザインとは?

仕事をする上で信頼を得るためには、見た目も重要です。
かわいらしい印象だと男性ウケはいいかもしれませんが、ビジネスシーンだと
「頼りないのでは?」
と相手に不信感を与えてしまうこともあります。
そこで、今回はこのようなイメージを解消する「デキる女」に変身できる、とっておきのマツエクデザインをご紹介します。

 

マツエクが職場でも受け入れられるようになった理由とは?

 

 

以前、マツエクは

 

「職場にはそぐわない」

 

と、否定的に捉えられてきました。

 

 

でも最近は、仕事をする上で自分の印象を良くするオシャレとして、積極的に取り入れる人が増えてきています。

 

では、ビジネスシーンで避けられてきたマツエクが、「仕事に有利に働く」と言われるようになったのは、なぜなのでしょうか。

 

 

このような背景には、マツエクの素材がよくなり、アイリストの技術も高まったことが影響しています。

 

以前のマツエクは、かわいらしさを強調するようなパッチリ華やかなものが主流でしたが、時代とともに、自然なデザインが求められるようになりました。

 

細くて繊細な、地まつげのようにしか見えない精巧なエクステが開発され、装着方法も新しい技法が誕生するなど、マツエクと気が付かれない目元が実現されるようになったんです。

 

マスカラやアイラインなどで目元を強調させるよりも、マツエクの方がずっと自然な印象を与えると見なされるようになったため、オフィスシーンでも取り入れる人が増えてきたんですね。

 

オフィスシーンにピッタリ!デキる女に見えるマツエクデザインとは?

キリリとした目元で、しっかり者のデキる女性に

 

 

目元を可愛らしくするというイメージで見られがちなマツエクは、逆に、子供っぽさを払拭し、大人っぽい頭のキレる女性のイメージにすることもできます。

 

 

ポイントは、下記の通りです。

 

まず、本数は80本程度にし、自然にキリリと見える印象に仕上げましょう。

 

これ以上増やすとキツすぎる印象になり、気が強そうに見えてしまうこともあるので注意してくださいね。

 

また、長いエクステは、自然な印象を損なうのでNGです。

 

地まつげと同じくらいか、1ミリ程度と、すこし控えめにすると、地まつげと馴染んでマツエクだとバレにくくなります。

 

 

さらに、強めのカールは使用せず、日本人のまつげに一番近いJカールを使って下さい。

 

目尻に向かってエクステを徐々に長くしていくと、切れ長で責任感を醸し出す目元になりますよ。

 

「タレ目なので、頼りない印象にみられてしまう…」

 

とお悩みの方にも使えるデザインです。

 

オフィスシーンにピッタリ!デキる女に見えるマツエクデザインとは?
目尻にだけカールのあるエクステを使うと、ネコのような釣り目になり、キレ者という感じになりますよ。

 

このデザインだと目が大きく見えて、目力がバッチリでるので、外資系や営業の方にもおススメです。

 

 

マツエクで目元をキリッとさせただけで、第一印象が大きく変わることから、最近では女性だけでなく、男性もマツエクを利用している人が増えています。

 

このように、簡単にイメージを変えることができるのも、マツエクのメリットと言えますね。

 

 

今回、お伝えしたデザインに興味を持った方は、ぜひ、マツエクサロンに行った時、カウンセリングで個性際立つイメージを提案してもらいましょう!