まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2018.01.26
悩み記事

まぶたが下がらず目力アップ!下向きまつげを解消するマツエクとは?

「マツエクをすると、エクステの重さでまぶたが下がって見えてイタイのでは?」
マツエク未経験の方の中には、このような考えを持っている人がいるようですね。
たしかに、マツエクが流行し始めた当初はボリューム重視のデザインだったために、そのように見えていたかもしれません。
でも、ここ数年のブームによってマツエクは大きく変わり、重さを感じない自然な軽やかさのある目元に大きく変化しているんですよ!
そこで今回は、
「なぜマツエクが軽くなったのか?」
というテーマについて、お話してゆきたいと思います。

 

極細の軽量エクステの登場がマツエクを変えた!

 

 

元々、マツエクは地まつげ1本に対してエクステ1本を装着する、「シングルエクステ」と呼ばれる方法で行われていました。

 

地まつげの本数が少ないと、装着本数にも限りがあり、ボリュームのある目元に変えることができないケースも。

 

 

無理やりボリュームを出すのなら、エクステを太くするか、長さのあるものを使うしかなく、デザイン性は損なわれていたんです。

 

中には、濃密なまつげに見せたいために、地まつげよりずっと太いエクステを付ける人も多くいました。

 

こうしたマツエクが、

 

「まつげを盛っている」

 

「エクステの重さで下がっている」

 

というイメージを強めていたんです。

 

 

やがて、マツエクのデザインは、華やかで目立つものから、ナチュラルなデザインへと人気がシフトしてゆき、エクステも地まつげのように見える高品質のものが登場しました。

 

このエクステは、1本あたり0.03mm~0.07mmと、非常に極細!

 

まぶたが下がらず目力アップ!下向きまつげを解消するマツエクとは?
しかも、シングルエクステ50本と極細エクステ200本が全く同じ重さという、驚きの軽さを実現したんです。

 

エクステを付けているのを忘れるくらい軽量なので、重さでまぶたが下がるなどという心配もありませんし、地まつ気にしか見えない自然な仕上がりが評判となり、今までマツエクを敬遠していた女性の間にも、受け入れられるようになっていったんです。

 

 

重たい印象は「アップワードラッシュ」で解消

 

 

マツエクをしても目元が重たいと感じなくなったのは、エクステが細くなったことだけが要因はありません。

 

実は、装着する新技術によっても、重い印象が大きく解消されたんですよ。

 

 

その技術とは「アップワードラッシュ」という、いま最も注目されている施術方法。

 

従来のマツエクは、地まつげが下を向いていると、つけたエクステも下向きになってしまうというウィークポイントがありました。

 

しかし「アップワードラッシュ」は、特殊技術で地まつげを上向きにしてからエクステを装着するので、根元から華やかにまつげが立ち上がるんです。

 

このやり方だと、エクステの本数が少なくてもパッチリとした印象になるんですよ。

 

まぶたが下がらず目力アップ!下向きまつげを解消するマツエクとは?
アップワードラッシュは高度な技術が必要なので、施術できるサロンが限られていますが、同じ極細エクステを装着しても、軽やかな仕上がりが全く違います。

 

人気が高まるにつれて、この施術を取り入れるサロンも増えてきているので、下向きまつげがお悩みの方は、対応サロンの予約を検討してみてはいかがでしょうか?