まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2018.03.10
ケア記事

【衝撃】まつげ美容液は効果なし!まつげが伸びるたった1つの方法とは?

マツイクの定番アイテムとして、多くの女子が愛用しているまつげ美容液。
口コミサイトでの評価も高く、中にはマツエクと間違われるほどまつげがフサフサになったと好評の商品も多いようですね。
しかし、まつげ美容液には、まつげを伸ばすとか、濃くするといった直接的な効果はまったくないということをご存知でしたか?
今回は、多くの人が誤解しているまつげ美容液の役目や、間違ったマツイク方法、そして、まつげを確実に伸ばすたった1つの方法についてお伝えしてゆきます。

 

意外と知られていない?化粧品と医薬品の違い

 

 

まずは、みなさんに質問です。

 

「化粧品と医薬品って、どのような違いがあるのでしょうか?」

 

 

ドラッグストアなどに行くと、さまざまなスキンケア商品が販売されています。

 

パッケージを見るとそれぞれに「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」と記載されていますよね?

 

これらの違いをカンタンに説明すると、

 

・医薬品・・・医薬品は厚生労働省が認可した有効成分が含まれた薬

 

・化粧品・・・皮膚を清潔に保つとか、見た目を美しく見せるための商品

 

となります。

 

医薬品と化粧品の中間的な存在が医薬部外品で、「薬用化粧品」もこのタイプに分類されます。

 

 

言葉のイメージからすると、有効成分が含まれている薬用化粧品を使ったほうが、より高い美容効果が出ると感じてしまのですが、薬である以上は副作用が発生するリスクが伴うのです。

 

その点、化粧品には肌やカラダに緩やかに作用する成分しか含まれていませんので、薬品や薬用化粧品よりも安心して使えます。

 

【衝撃】まつげ美容液は効果なし!まつげが伸びるたった1つの方法とは?

ただし、美容効果は低くなり、成分が浸透できる範囲も厳密に定められています。

 

たとえば、肌に塗る化粧品でしたら、美容成分が浸透するのは表皮の一番外側にある「角質」までで、まつげをつくり出す「毛包」がある真皮までは届いてはならないのです。

 

 

ネットの口コミや体験談が誤解を拡大?

 

 

まつげ美容液は、薬用化粧品ではなく、普通の化粧品です。

 

ですから、まつげ美容液を毎日まつげに塗り続けても、その成分が毛包に届いて新しいまつげの生成をサポートしたり、毛を太くしたりといった効果はありません

 

 

しかし、コスメの口コミサイトには、

 

「美容液を塗ったら、1週間でまつげがフサフサになった」

 

「細かったまつげが太くなって、マツエクと間違われた」

 

といった書き込みが非常に多いですよね?

 

また、ブログなどのSNSなどには、実際にまつげ美容液を使った人の感想が載っていて、明らかにまつげが伸びていると分かる、ビフォアー / アフターの写真もアップされていますよね?

 

 

それなら、化粧品でもマツイクに効果があるのではと思うかもしれませんが、こうした改善例には他の要因が加わっていると考えられます。

 

たとえば、まつげ美容液を使うと同時に、まぶたの皮膚の水分・栄養補給や保湿を徹底したり、食生活を改善したり、といった具合に。

 

そもそも、まつげが伸びるスピードは1日0.1ミリ程度ですから、1週間で0.7ミリ、つまり、1ミリにも満たないんです。

 

ですから、まつげ美容液を塗ってすぐ、まつげがフサフサになるということは、カラダの仕組みを考えればありえないことなんですね。

 

 

おそらく、口コミを書いた方は、美容液を丁寧に塗り続けたことでまつげがコーティングされて、今までより太くなったと感じたのでしょう。

 

また、個人の方の体験サイトなどでは、薬用成分が配合されている育毛剤なども含めて「まつげ美容液」と扱っているので、誤解が広がっているようですね。
【衝撃】まつげ美容液は効果なし!まつげが伸びるたった1つの方法とは?
では、まつげ美容液の役目って、何なんでしょうか?

 

それは、まつげのハリやコシをサポートし、見た目の艶やかさをつくり出すというもの。

 

ヘアケアで言うと、トリートメントのような存在ですね。

 

 

まつげ美容液を朝晩しっかり使えば、毛の保湿効果も高まりますので、2~3カ月ぐらい使い続けることで、健康的なまつげに変わることが期待できます。

 

さらに、切れ毛の防止や、クレンジングや洗顔で受けたダメージの回復にも役立つでしょう。

 

 

ネットに広まるマツイクの誤解でまつげが抜ける?

 

 

まつげ美容液の機能を覚えたついでに、ネットに広がる「間違ったマツイク」についてもお伝えしておきましょう。

 

 

【危険なマツイク①】ニベアクリームを塗る

 

 

青缶でおなじみのニベアクリームですが、これまた化粧品の口コミサイトで、高級化粧品と同じ成分が配合されているとして話題を集め、スキンクリーム目的で使われるようになりました。

 

さらに、マツイクにも効果ありとされて、まつげを伸ばすために使っている人も多いようです。

 

 

ニベアクリームには油分がかなり多く含まれているので、まつげに塗るとつやつやしますし、水分の蒸発防止につながることが期待できます。
【衝撃】まつげ美容液は効果なし!まつげが伸びるたった1つの方法とは?
その一方で、保湿成分はホホバ油とグリセリンが入っているのみで、まつげの育成につながる美容成分はまったく含まれていません

 

したがって、ニベアでまつげが伸びるということは考えられないのです。

 

 

それどころか、目のキワにニベアクリームを塗ると、成分が眼球に混入してしまい、炎症やかゆみなどのトラブルが発生する可能性が高まります。

 

また、油分が毛の根元にたまり過ぎると、“まつげダニ”が繁殖しやすくなるので、これが原因でまつげがゴッソリ抜けてしまうことも。

 

 

ニベアを使った間違ったマツイクを、“裏ワザ”として紹介しているサイトにある

 

・まつげを伸ばす

 

・まつげに栄養を与える

 

・まつげの傷みを補修する

 

という効果は、一切ありません。

 

 

【危険なマツイク②】まつげを引っ張る、切る

 

 

この方法も、まつげを伸ばす方法をまとめたサイトや、個人の方が運営していると思しき美容サイトなどで紹介されていますね。

 

まつげを引っ張ると、毛根に強い力が加わって、それを外部からのダメージと判断したお肌は「メラノサイト」という色素をつくり出します。

 

これが、いつまでもお肌に残ってしまうとシミとなり、目元が黒ずむ原因になってしまうのです。

 

 

また、毛を切った場合も、マツイクの効果はまったくありません。

 

「腕や足の毛を剃ると濃くなる」

 

という都市伝説から広がったのかもしれませんが、毛を切ることで断面積が広がり、毛量が増えたように見えることはあっても、残念ながら増毛にはつながりません。

 

 

【危険なマツイク③】リップクリームを塗る

 

唇の保湿目的に使われるリップクリームですが、どのメーカーでもまつげに使用することはキケンだと呼びかけています。

 

同じ顔の部位でも、唇とまつげの構造は違いますから、まつげを艶やかにできるワケではありません

 

もちろん、目に入ると健康トラブルが発生する成分も含まれていますから、マツイク目的で使うのは絶対にNGです。
【衝撃】まつげ美容液は効果なし!まつげが伸びるたった1つの方法とは?
とくに注意したいのは、“薬用”リップクリームです。

 

化粧品より作用が強い薬用成分が含まれていますから、強い副作用が起きる可能性があります。

 

 

同じような理由で、オロナイン、シアバターなどにもまつげを伸ばす効果はありません

 

スキンケア商品は、メーカーが定めた部位のみに使うようにして、使用上の注意を守ることが基本ですよ!

 

 

まつげの老化対策は20代からスタート!

 

 

ネットには、こうした危険極まりない美容法が広まっていますので、とにかく情報をうのみにせず、正しい知識を得てマツイクを続けるようにしましょう。

 

間違ったケアで目元にトラブルが発生したら、マツエクの重みに耐えられないぐらい地まつげの健康状態が低下するばかりか、最悪の場合、まつげが生えてこなくなりますし、失明してしまうなんてこともありますから。

 

 

美しくて健康的なまつげをキープするのに一番大切なのは、老化対策と毎日のスキンケアです。

 

まつげはお肌と同じで、20代ぐらいから老化が始まりますから、毛は細くなってゆきますし、本数も少なくなります。

 

また、日頃の紫外線対策が不十分だったり、生活のリズムが崩れていたりすると、老化のスピードは早まりますし、細胞の活動も低下して、新しいまつげの生成が阻害されるんです。

 

 

言うまでもなく、まつげをつくり出すのは、食べ物から得た栄養と水分、そして、細胞の成長を活性化させる睡眠ですから、毎日の食生活や生活習慣を見直すことが、マツイクの基本中の基本です。

 

下記に、ポイントをいくつか挙げてみましょう。

 

 

食事は朝からしっかり摂る

 

 

バランスの良い食事を摂っていても、血行が悪い状態が続いていたのでは、まつげや毛包に栄養が届きにくくなります。

 

とくに、女性は冷えやすいので、朝から食事をしっかりとって体温を上げ、こまめな運動とストレス発散で、血のめぐりをよくすることを意識しましょう。

 

 

まぶたやまつげにもUV対策を

 

 

お肌にはUVクリームを塗って紫外線対策をしていても、目元はまったくケアしていない人も多いようですね。

 

紫外線は夏だけでなく、一年中降り注いでいますし、老化を加速させる最大の要因となりますから、外出時にはUVカット機能がある下地やBBクリーム、CCクリームでしっかりガードしましょう。

 

また、まつげも紫外線のダメージを受けやすいので、サングラスや帽子などで直射日光が当たらない工夫を!

 

そして、夜のスキンケアでは、まぶたも保湿クリームアイクリームで、徹底ケアすることをお忘れなく!

 

 

眠りについてから3時間の間に熟睡する

 

 

睡眠は時間(7時間前後)も大切ですが、“深い眠り”にもこだわりましょう。

 

なぜなら、お肌のダメージを修復して、新しい細胞への生まれ変わりを促す成長ホルモンは、眠りについてから3時間の間に、深い眠りを得ることで分泌量が増えるからです。

 

寝る前に交感神経が刺激されるような行動が習慣になっていると、眠りが浅くなって地まつげや毛包の働きが低下しますから、下記のようなポイントに注意しましょう!

 

 

・寝る前の飲酒は控える

 

・夕食は布団に入る4時間前までに

 

・布団の中でスマートフォンの操作はしない

 

・カフェインが多く含まれている飲料(コーヒー、緑茶)は、夕方以降は飲まない
【衝撃】まつげ美容液は効果なし!まつげが伸びるたった1つの方法とは?

国が認可した唯一の“まつげが伸びる薬“とは?

 

 

まつげの老化対策を続け、生活習慣の改善を続けているにも関わらず、まつげが短くて細いとお悩みの方は、まつげが伸びるまつげ貧毛症治療薬を使うのも、1つの手でしょう。

 

これは「グラッシュビスタ」という、厚生労働省が認可した薬です。

 

主成分の「ビマトプロスト」は、緑内障の治療薬なのですが、副作用としてまつげが伸びることに着目され、まつげ育毛剤として開発されました。

 

実際にグラッシュビスタを利用した約8割の人が、まつげの太さや長さに改善効果を感じていますので、まつげの密度を濃くしたいと考えている方は、最寄りの皮膚科や眼科に相談してみるのもいいでしょう。
【衝撃】まつげ美容液は効果なし!まつげが伸びるたった1つの方法とは?
ただし、先ほどもお話しした通り、薬には必ず副作用がありますし、デメリットもいくつかありますから、事前にちゃんと把握してマツイクに役立ててくださいね。

 

 

【グラッシュビスタのデメリット①】健康保険が適用されない

 

 

グラッシュビスタは薬ですから、必ず医師の診察を受けてから、処方箋を出してもらう必要があります。

 

診察は2カ月に1度のペースで、診察費を含めると2万円前後かかります。

 

(健康保険は適用されません)

 

 

【グラッシュビスタのデメリット②】副作用が意外と多い

 

 

この薬を使うことで起こる副作用は、メラニン増加に伴う黒目の異常(色素が濃くなる)、まぶたの黒ずみなどです。

 

また、胎児にも悪影響が及ぶ危険があることから、妊娠・授乳中の方は使用できません

 

 

【グラッシュビスタのデメリット③】使用を止めると貧毛に戻る

 

 

薬を塗っている間は、まつげの成長周期が延びるので、まつげがフサフサになりますが、使用を止めると毛の長さや密度が元に戻ってしまいます

 

年間でグラッシュビスタを使うとなると、かなり費用がかかってしまうのがネックですね。

 

 

今回のまとめ

 

 

グラッシュビスタは、マツイクに効果が出なかった人や、マツエクで地まつげが傷んで抜けてしまった方にとっては魔法の薬のようですね。

 

でも、今回紹介した3つのデメリットは、意外と大きな問題だとお気づきだと思います。

 

グラッシュビスタの使用は、医師から説明を受けたうえで、慎重に判断するようにしましょう!

 

 

最後に、注意点をもう1つ。

 

ネット上には、グラッシュビスタの後発薬「ルミガン」の販売サイトがあります。

 

ルミガンはグラッシュビスタと同じ成分で作られているので、まつげをフサフサにする効果も同じです。

 

しかし、国内では販売が許可されていないため、輸入輸入(代行)という形態で販売されています

 

 

グラッシュビスタより安い値段で提供されており、病院に行く手間もかからないとあって、利用者も増えているようですが、健康トラブルが発生しても、何の補償もないのが実状なんです。

 

しかも、中には偽物を販売している店舗もあります。

 

 

軽い気持ちでルミガンを購入したら、目にトラブルが発生。

 

慌てて病院に行ったら、手の施しようがない状態に悪化していた、なんてケースも考えられますから、安さと手軽さに釣られないようにしてくださいね!