まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2017.12.19
悩み記事

マツエクサロンに行く時のメイクのお悩み!施術当日はすっぴんで?

マツエクサロンで施術を予約すると、お店によってはメイクを落とした状態で来店するようにと指示されることがあります。
その理由を、みなさんはご存知ですか?
「すっぴんで外に出るのは抵抗あるけど、施術に影響するならノーメイクにしなきゃ・・・」
そんなお悩みを抱えている方に役立つ知識を、詳しく解説してゆきます。

 

化粧した状態でマツエクができないのはナゼ?

 

 

地まつげ1本1本にグルー(接着剤)を付けて、エクステを装着してゆくマツエク。

 

このグルーには、強力な接着力を持っている一方で、油分に弱いという特徴を持ちます。

 

そのため、油分が含まれているメイクがお肌に残った状態だと、エクステの付きが悪くなり、すぐに取れてしまうことがあるのです。

 

こうしたことから、来店時にメイクは落としてくるように指示されることがあるんです。

 

 

「施術をする前に行なう、“前処理”でメイクを落としてくれるのでは?」

 

と疑問に思う方もいるでしょう。

 

実は、この前処理というのは、メイク落としではなく、まつげ表面の汚れを落として、エクステを装着しやすくするためのケアなんです。

 

マツエクサロンに行く時のメイクのお悩み!施術当日はすっぴんで?
ゴミやホコリなどは取り除けますが、油分は落とせないということを覚えておきましょう。

 

 

みなさんも、毎日クレンジングや洗顔でスキンケアをしているのでお気づきでしょうが、メイクの油分や皮脂は、水やお湯で洗っても落ちないですよね?

 

水と油は、そのままでは混ざらないので、「界面活性剤」という成分を使う必要があるんです。

 

これが含まれているのが、クレンジング剤や洗顔料なんですね。

 

頬やおでこ、口の下といった部位でしたらまだしも、目元はデリケートなため、サロンでは落とさないケースが多いのです。

 

 

すっぴんでサロンに行く必要はありません

 

 

サロンでメイクを落とせないからといって、すっぴんでサロンに行く必要はありません。

 

むしろ、ノーメイクで外に出る方が、お肌に大きなダメージとなります

 

とくに注意したいのは、紫外線の影響。

 

日差しの強い日に出歩いて、ちょっとでも日光に当たると、シミの原因となるメラニン色素が作られてしまいますし、お肌の水分量も低下します。

 

また、コラーゲンやヒアルロン酸といった美容成分も、どんどん破壊されてしまうんです。

 

さらに、まつげにも悪影響が及び、毛が抜けやすくなったり、細くなったりするなんてことも・・・。

 

 

マツエクサロンに行く時は、いつもよりメイクは控えめにしながらも、UVケアを徹底した状態で、すっぴんは絶対に避けてください。

 

アイシャドーやアイラインは使わない目元にファンデーションを塗らない、この2点を守っていればOKです。

 

あとは、クレンジングシートを持参して、サロンに着いたらトイレで顔全体のメイクを落とすようにしましょう。

 

マツエクサロンに行く時のメイクのお悩み!施術当日はすっぴんで?
最近は、こうしたお肌へのダメージも考慮して、施術前にメイクを落とすサービスを用意しているサロンも増えてきました。

 

マツエクの施術をしやすくするのは当然ですが、お肌へのダメージが増えてしまっては、本末転倒です。

 

インスタ映えする目元を実現するには、ベースとなるお肌のコンディションも整っていることが条件ですから、今回のポイントは絶対に忘れないでくださいね!