まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2017.12.17
悩み記事

グラッシュビスタで長いまつげになる効果あり!まつげの本数は増えない?

極端にまつげが少ない、短いなどの症状。
実は、病院で治療が受けられることをご存知でしたか?
これは「まつげ貧毛症」という症状で、医療機関では生活習慣の改善指導や、治療や薬の処方などで対応しています。
まつげの悩みが深刻という方は、一度、専門クリニックに足を運んでみてはいかがでしょう?

 

日本人のまつげ、平均的な本数は?

 

 

日本人のまつげの平均本数は、上まつげが100~150本、下まつげが50~80本、長さは6.8ミリぐらいです。

 

欧米人と比べると、本数も長さも劣りますが、これは目の大きさの違いもあることなので、あまり気にすることではありません。

 

ただし、日本人の平均値より自分のまつげの本数が少なかったり、短い毛が多かったりする方は、「まつげ貧毛症」という症状を発症しているかもしれません。

 

 

まつげは、目に異物を防ぐことを防いだり、外部からの刺激を感知して目を閉じるという信号を出したりと、生命活動を守る役割がある器官です。

 

ですから、美容の観点からだけでなく、健康状態をキープするためにも、適度に長いまつげと本数は必要になってくるのです。

 

まつげ美容液などを使っても、長いまつげに改善せずに、本数以前と変わらないと感じている方は、治療を検討してみるといいかもしれませんよ。

 

 

まつげ貧毛症になる原因は、下記の2つのパターンに分けられます。

 

 

間違ったまつげケア

 

 

目元は強いダメージに弱いので、ビューラーやクレンジング剤を使う時に負荷をかけると、まつげが抜けてそのまま生えてこなくなることがあります。

 

また、接着剤を肌に直接塗って使うつけまつげを、毎日のように着用していると、肌に化学物質の成分が浸透してまつげの生育に悪影響を及ぼすのです。

 

グラッシュビスタで長いまつげになる効果あり!まつげの本数は増えない?
 

目元の老化によるもの

 

 

髪の毛と同じように、まつげも年齢を重ねると細くなりますし、本数が次第に少なくなってゆきます。

 

この状態で、間違ったまつげケアを続けていると、ダメージが2倍、3倍となり、切れ毛や枝毛なども増えてゆくんです。

 

 

まつげ貧毛症の治療薬、使用上の注意点は?

 

 

病院やクリニックで処方される薬で有名なのは、「グラッシュビスタ」です。

 

この薬(目薬)を使えば、まつげの長さや太さ、濃さを改善する効果が期待できます。

 

ただし、まつげが増えるということはありません

 

 

お医者さんは、患者さんのまつげの状態や症状を確認して、このグラッシュビスタを処方します。

 

グラッシュビスタは薬ですから、継続して使えば副作用が必ず発生しますので、使用上の注意点もしっかり説明してくれます。

 

グラッシュビスタで長いまつげになる効果あり!まつげの本数は増えない?
 

とくに注意したいのは、妊娠中の方。

 

副作用として、早産や流産の危険が高まることが報告されています。

 

ですから、インターネットの通販などを利用して、医師の処方を介さずにグラッシュビスタ手に入れ、まつげ美容のために使うことは、絶対に避けてくださいね!

 

妊娠していない方であっても、まぶたの黒ずみ、くぼみなどの症状が表れやすいですから、危険性を十分に理解しておきましょう。

 

症状が出た時に病院に行って診察を受けても、手遅れと診断されることもありますから。