まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2017.12.16
デザイン記事

写真映りが劇的に変わる!マツエクで実現する“インスタ映え”の小顔

「小顔になりたい!」
多くの女子はこのように考えていますよね。
友達との写真撮影の時、なるべく後ろに立って、顔が小さく見えるように工夫するなど、キラキラ女子なら一度は経験があるのではないでしょうか。
実はマツエクのデザインで、小顔に見せることができるんですよ。
今回は、写真だけでなく、本物の小顔美人になる方法をお伝えしますね。

 

メイクとマツエクで小顔になる

 

 

私たち日本人は、外国人と比べて平たい顔をしていますよね。

 

陰影がなく、目鼻のパーツが小さいと、残念ながら顔が大きく見える傾向にあります。

 

 

そこで、少しでも顔が小さくに見えるように女性誌やネットなどでは、メイクで小顔に見える多くの方法が紹介されています。

 

最近は、シェーティングクリームやパウダーを塗って、鼻筋などのフェイスラインに立体感や陰影を付けるといった、小顔メイクも取り入れられているようですね。

 

こうしたメイクと合わせて、まつげのバランスを調整すると、小顔効果が狙えるんですよ。

 

写真映りが劇的に変わる!マツエクで実現する“インスタ映え”の小顔

小顔に見える“黄金比”がある

 

 

「髪の毛の生え際から眉頭」

 

「眉頭から鼻の下」

 

「華の下から顎先」

 

この3つが、全てバランスよく同じサイズに見えると、小顔に見えるんです。

 

 

実際の顔のパーツの位置を変えることはできませんが、顔の中で最も印象的な目元を変えることで、この黄金比率に近く見せることができます。

 

 

その方法とは、下まつげにマツエクをすることなんです。

 

下まつげにエクステを付けると、目の下から顎までが短く見えるので、顔が小さく見えるんですよ。

 

 

その上、下まつげの長さが強調されると、鼻が高く見えるようになり、彫の深い立体感のある顔になるという、うれしい効果もあります。

 

下まつげマツエクをするだけで、これだけの嬉しい効果があるなんて驚きですよね。

 

 

下まつげエクステにはデメリットもある

 

 

下まつげにはこうしたメリットがある一方で、デメリットもいくつかあります。

 

 

まず、下まつげエクステは、長くても2週間くらいで外れてしまうんです。

 

これは、もともと使用しているグルーの接着力が弱いことが原因となっています。

 

グルーは硬化する時、有害な化学物質を揮発発生しますが、上まつげより下まつげの方が、そのダメージを受けやすいんですね。

 

そのため、刺激の弱い=接着力の弱いグルーを使わざるを得ないと言うワケなんです。

 

写真映りが劇的に変わる!マツエクで実現する“インスタ映え”の小顔
また、普通に過ごしていても、上まつげより下まつげの方が触る確率が高いですし、こぼれた涙がエクステを濡らすこともあるなど、下まつげにかかる負荷が高いため、上まつげよりはるかに持ちが悪くなってしまうのです。

 

その上、下まつげは装着する本数が少ないため、エクステが外れると目立つので、リペアの頻度も高くなるんです。

 

しかも、下まつげは細いので、スタッフに技術力がないとエクステを付けることができません。

 

そのため、施術を行っていないサロンもあるので、来店前に確認する必要があります。

 

 

かなり面倒な点もありますが、手間を惜しんでいては、小顔は手に入りません。

 

今までにないインスタ映えを目指して、ぜひ、下まつげのマツエクを実践してみてくださいね。