まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2017.09.16
デザイン記事

大切なのは足し算と引き算!なりたい目元のデザインを実現するマツエクの本数は?

ナチュラルからゴージャスまで、理想の目元を演出してくれるマツエク 。
アイメイクの時間短縮につながったり、個性的な目元に変身できたりするので、一度は興味を持った方も多いのではないでしょうか?
マツエクをつける上で、目元の印象を大きく左右するのが本数です。
ここでは、初めてのマツエクでも失敗しない、 マツエクの本数による目元の印象の違いを紹介していきます。

マツエクをつける本数は、地まつげの毛量に合わせて!

 

 

マツエクは1本1本の地まつげに添ってエクステンションを装着していくので、地まつげの量で付けられる本数も異なってきます。

 

一般的に、日本人の地まつげの本数は片目で100本~180と言われています。

 

そのうちエクステを付けられる毛は、全体の約45%ですので、片目で45~80本が平均です。

 

マツエクサロンのメニュー表に記載されている本数は、両目の本数のことを示しており、100本コースの場合では、片目50本ずつに振り分けて装着することになります。

 

 

 

目の形は一人ひとり違う!失敗しない本数の選び方とは

 

マツエクは、目の形や幅、まつげの角度などで仕上がりに個人差が出やすい美容技術です。

 

そのため、同じ本数でも目の幅が狭い人だとボリューム感のある目元になりますし、逆に、目の幅が広ければナチュラルな目元になります。

 

マツエクが初めての方は60~80本の装着本数からスタートして、見た目の感覚をつかんでみるのもオススメです。

 

 

 

自分に合った目元のデザインがわからない!そんなときは・・・

 

 

本数やデザインによって、目元の印象を自由自在に変えられるのがマツエクの最大の魅力!

 

ここでは、より理想の目元をイメージしやすいように、本数別に仕上がりの印象を紹介していきます。

 

 

■~60本

 

とてもナチュラルな印象になりやすいです。

 

目元に抜け感を出して、大胆なリップカラーで遊ぶなど引き算メイクも楽しめます。

 

つり目がコンプレックスという方が、目尻だけに付けてタレ目風にするのも◎。

 

 

■~80本

 

主張しすぎない自然なイメージになります。

 

控えめが求められる、オフィスメイクにもぴったりではないでしょうか。

 

施術スタッフの腕がいいと、マツエクしていることを気付かれないぐらいのイメージになります。

 

 

■~100本

 

「派手さは嫌だけど華やかさも欲しい!」

 

という方に向いている、一番人気の本数です。

 

ノーメイクでも、自然な目力が欲しい人にもおススメですよ。

 
大切なのは足し算と引き算!なりたい目元のデザインを実現するマツエクの本数は?

■~120本

 

一重まぶたや奥二重の方でも、ぱっちりとした目元を印象づけることができます。

 

普段アイメイクをバッチリする人向けで、マスカラも必要ありません

 

 

■~140本

 

つけまつげのような、ボリューム感たっぷりの目元になります。

 

パーティーやイベントなど、より華やかな印象にしたいときにもオススメです。

 

 

 

正面から見た目元だけじゃない!横顔も含めた顔全体のバランスも重要

 

マツエクのデザインを考えるときに大切なことは、目元だけに焦点を当てるのではなく、顔全体のバランスをとることです。

 

ボリュームたっぷりのマツエクに、ばっちりメイクではとても派手になってしまいますよね。

 

今トレンドのメイクは、足し算・引き算メイクですので、全体のバランスを上手にとることで、メリハリのある印象に仕上がります。

 
大切なのは足し算と引き算!なりたい目元のデザインを実現するマツエクの本数は?

マツエクに挑戦してみたいけれど、自分に合うマツエクがわからない・・・という方でも、選ぶ本数次第で、抜け感のあるナチュラルな目元から、ぱっちりとした明るい目元まで、自由自在に印象を変えることができます。

 

たったこれだけのポイントを抑えることで、目元だけでなく顔全体がより魅力的になりますし、メイクがもっと楽しくなるはすですよ