まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2017.10.23
悩み記事

施術を避けるべき店の特徴!マツエクサロンに免許の有無は確認可能?

マツエクの人気は、10代から60代の女性にまで広がっていて、全国各地に専用サロンが拡大しています。
利用者はサロンを比較して、自分のイメージに合ったマツエクのデザインを探しやすくなった一方で、免許を持たずに違法営業を続けているお店で施術を受けてしまい、健康被害を受けるケースも増加しています。
マツエクサロンの営業には届け出が必要ですし、施術スタッフは資格を持っていなくてはなりません。
そこで今回は、失敗の施術にならないように、サロンの予約時に必ず確認すべきポイントを解説してゆきます。
少しでも“怪しい“と感じるポイントがあったら、自分の目元を守るために、別のサロンを探すという選択をしましょう!

 

美容所登録を確認する方法はない?

 

 

マツエクサロンを営業するには、サロンが美容所登録している必要があります。

 

これは、サロンの所在である自治体(保健所)の許可を受けるもので、下記のような条件を満たしている必要があります。

 

 

・作業場から天井まで、2メートル以上ある

 

・床や壁には、水の浸み込まない素材を使っている

 

・エタノールを常備して、すぐに消毒ができるようにする

 

・施術をするベッド代と、スツールの個数をセットで記載する

 

・包帯や絆創膏など、応急薬品や衛生用品を用意する

 

施術を避けるべき店の特徴!マツエクサロンに免許の有無は確認可能?
他にも、サロンの面積や洗い場所、器具の保管場所にも規定が設けられています。

 

 

しかし、サロンの数の多さに保健所のチェックが間に合わないこともあって、無許可で営業している店舗も多いのです。

 

無許可サロンだと、衛生面に問題があったり、必要な設備がなかったりと、施術のトラブルが発生しやすい状態になっているのです。

 

 

さらに、この美容所登録は、利用者に告知する必要がないことも、違法サロン増加の原因になっていると言われています。

 

 

逆に、お客さんに少しでも安心感を与えようと考えているサロンでしたら、ホームページで美容所登録をしていることを案内するとか、サロン内でも許可書を掲示するといった対応をしているので、サロン選びの時に必ずチェックしてみてください!

 

 

 

施術スタッフに必要な資格とは?

 

 

サロンの美容所登録と合わせて、もう1つ確認したいのは、

 

施術スタッフが美容師の資格を持っているか?

 

ということです。

 

無資格で施術を行なう人がいるなんて、にわかには信じられないことかもしれませんが、意外と多く存在しているのが実状なんです。

 

施術を避けるべき店の特徴!マツエクサロンに免許の有無は確認可能?
こうした違法サロンでの施術を避けるために、わたしたちがとるべき行動は、

 

予約の時に、美容所登録をしていることと、スタッフに美容師資格があることを、電話で確認する

 

ということです。

 

電話で聞きにくい方は、メールで問い合わせるという手もあります。

 

 

また、サロンの予約サイトをみれば、実際に店舗で施術を受けた人の感想が書き込まれていますから、必ずチェックしてください。

 

違法サロンであれば、悪い評判が集まっている可能性が高いですから、参考になるハズです。

 

 

電話やメールでも、ウソを伝えるサロンがあるかもしれませんので、口コミとの二重チェックは必須ですよ!