まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2017.10.13
デザイン記事

つけまつげやマツエクがバレないようにする!ポイントはメイクとカールのデザイン?

つけまつげやマツエクは、目を大きく見せる効果があり、多くの女性に人気ですが、中には
「つけまつげやマツエクをしていることを、人に知られたくない」
「バレたらなんだか恥ずかしい」
と思っている人も多いようですね
控えめなオシャレが求められる職場だと、目元の存在感も控えめにしなきゃいけませんね。
そこで今回は、つけまつげやマツエクであることがバレないようにするためのポイントを、いくつかご紹介してゆきます。

 

リキッドタイプのアイラインをうまくつかうコツ

 

 

目元のオシャレを控えめにするのに大事なのは、つけまつげの形の選び方です。

 

目を大きくしたいからと言って、不自然に長くて量も多いものを選んでしまうと、つけまつげであるということがバレやすくなってしまいます。

 

量の多いものはしっかりと接着させなくてはいけないため、目のキワに付ける時の接着面が大きくなってしまい、目を閉じた時にハッキリと見えやすいのです。

 

こうしたことを防ぐために、毛量は控えめなタイプを選ぶようにしましょう。

 

 

欲張り過ぎるとバレやすくなってしまうので、気を付けてくださいね。

 

 

もう1つ、つけまつげを隠す方法として、メイクで分かりにくくするという手もあります。

 

そのやり方は、まずアイシャドウを塗り、ビューラーでまつげを上げてからマスカラを塗ります。

 

つけまつげやマツエクがバレないようにする!ポイントはメイクとカールのデザイン?
そして、接着面の部分にあたるアイラインは、ペンシルではなくリキッドタイプを使うようにしましょう。

 

アイライナーの色が薄いと、その分接着面もクッキリと浮かび上がって見えやすくなってしまいます。

 

このメイクは、つけまつげを装着する前に済ませておくことがポイントですよ。

 

 

 

マツエクがバレないようにするためのポイント

 

 

マツエクをバレないようにするためには、カールや本数、長さなどを配慮しなくてはなりません。

 

その中でもとくに、カールの選び方は重要です。

 

マツエクには、さまざまなカールの形がありますが、よりナチュラルに仕上げるためには、Jカールを選ぶことをおすすめします。

 

Cカールという、ビューラーを使ったような形のマツエクもあるのですが、こちらよりもカールが緩いJカールの方が自然な印象になります。

 

つけまつげやマツエクがバレないようにする!ポイントはメイクとカールのデザイン?
また、目を大きくさせたいからと欲張って、120本程度のエクステを選んでしまう方もいますが、これぐらいの量になると大きく目元が変わってきてしまうため、マツエクを付けていると気づかれやすくなります。

 

そのため、本数は80本程度に留めておき、どうしても大きく見せたいという場合は、100本にしてみた目を確認してみましょう。

 

 

欲張らず、適量の本数にすることが大事なポイントです。

 

 

 

最後に重要なのは、マツエクの長さです。

 

まつげの長さは人それぞれですが、日本人女性のまつげは平均6.8mmと言われています。

 

長いまつげにしたいと言っても、やはり長すぎては違和感が生じます。

 

ナチュラルに仕上げるなら、まつげよりも少し長い9mmを選ぶと良いでしょう。

 

この長さであれば自然なラインに仕上がり、エクステとバレる心配もありません。

 

 

 

このように、つけまつげとマツエクそれぞれで、バレにくく仕上げるポイントがあります。

 

どちらも共通して重要なのは、盛りすぎないデザインを選ぶことですね!