まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2017.10.08
ケア記事

マツエクの手入れで欠かせない“アンチエイジングケア”とは?

女性ならほとんどの人が、お肌のアンチエイジングに一生懸命だと思います。
効果があるかないかは別にして、コラーゲンドリンクを飲んだり、ビタミンのサプリを飲んだり・・・。
でも、念入りにケアしていても、“ある習慣”によって、お肌は深刻なダメージを受け、体内の美容成分が破壊されてしまうのです。
その習慣とは、喫煙です。
タバコに含まれるニコチンは、肌細胞に老化をもたらします。
皮膚の一部であるまつげにも、当然、その影響は及びます。
今回は、タバコを吸う方にとっては頭が痛くなる、喫煙とまつげの成長について解説してゆきます。

 

タバコを吸ったその瞬間から、ビタミンCが壊れます

 

 

タバコに含まれるニコチン有害物質であるため、体はそれを阻害するために、活性酸素を大量に発生させます。

 

活性酸素は増え過ぎると細胞のデータを書き換えて、さまざまな病気を引き起こすので、ビタミンCがこれを阻止(=量が減少)するのです。

 

マツエクの手入れで欠かせない“アンチエイジングケア”とは?
ビタミンCはコラーゲンを生成するために必要な栄養素ですから、不足すると肌のハリが低下するのです。

 

コラーゲンと聞くと美肌に必要な成分だと思われがちですが、まつげはまぶたの皮膚から生えてくるので、生え際がコラーゲン不足になれば、途中で成長が止まって抜けてしまったり、量が減ったりするのです。

 

 

 

血流の悪化は、まつげのツヤも奪います

 

 

喫煙習慣がある人にありがちなのは、慢性的な冷え性です。

 

これは、ニコチンに毛細血管を収縮する作用もあることから起こるもので、血流が悪くなってからだ全体に栄養素や水分が行き届かなくなるのです。

 

マツエクの手入れで欠かせない“アンチエイジングケア”とは?
これによって、まつげも栄養と水分が不足し、表面のツヤは失われ、コシもだんだんとなくなってゆくので、マツエクをしても持ちが悪くなってしまいます。

 

 

 

タバコを吸わない人の注意点

 

 

タバコの害は分かってはいるものの、なかなかやめられないのが悩ましいところですね。

 

また、近年は受動喫煙による害も、喫煙と同じぐらい大きいということが分かっています。

 

 

受動喫煙とは喫煙していなくても、他人が吸ったタバコの煙を吸ってしまうことです。

 

タバコの煙にはニコチンなどの有害物質が含まれているので、間接的であってもニコチンの侵入により活性酸素が増えてしまえば、ビタミンCが消費され、まつげの育毛を妨害してしまいます。

 

もちろん、血行の悪化にもつながります。

 

 

 

今日から実践したい、まつげのアンチエイジング

 

 

タバコを吸っても、健康や美容には、何のメリットもありません。

 

ストレス解消になっても、それは一時的なものです。

 

 

とは言っても、すぐには禁煙できないでしょから、1日に吸う本数を減らす努力と、“まつげのアンチエイジング”を始めることをおススメします!

 

 

ポイントは、下記の3つです。

 

1.血流を良くする

 

まつげに必要な栄養を細胞に行き渡らせるために、目元の血流を良くすることが大切です。

 

それにはマッサージが効果的ですが、蒸しタオルなどで目元を5分から10分ほど温めてから行なうと、目に負担をかけません。

 

眼球や皮膚を傷つけないように、優しい力でなでるように、まぶたや目の下をほぐしてください。

 

 

2.食事からのビタミンC摂取

 

ビタミンCの摂取には、サプリメントの利用も効果的ですが、過剰摂取になる恐れがあります。

 

からだに必要な栄養素は、食品から摂ることが基本!

 

マツエクの手入れで欠かせない“アンチエイジングケア”とは?
レモンやオレンジなどのかんきつ類、ゴーヤやピーマン、ブロッコリーなどを、毎日の食事に加えましょう!

 

 

3.抗酸化作用のある食品も、毎日食べる

 

体内の活性酸素の量を減らすのに有効なのは、赤ワインや緑茶、オリーブオイルなどに含まれる抗酸化物質です。

 

細胞の再生力も高まりますので、こちらも毎日摂取することを心がけてくださいね。