まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2018.02.13
ケア記事

ワンランク上のマツエクに!マツイク効果がアップするコツ3つ!

マツエクを行うとき、地まつげが痛んでいたら施術はできません。
無理矢理施術をしても、地まつげが弱っていたらエクステを支えきれず下がってしまったり、重みに耐え切れず抜けてしまったりすることもあります。
こうしたことを受け、健康なまつげを育てようとする、いわゆる「マツイク」が注目を集めています。
でも、このマツイク、同じケアを行っても人によって地まつげの効果にかなりの差があるようです。
どうせ手間暇かけてまつげケアするなら、しっかり効果を出したいですよね。
そこで今回は、マツイクを行う上で効果アップにつながるポイントを、分かりやすくお伝えしてゆきます。
正しいマツイクに改善して、健康で美しいまつげを手に入れましょうね!

 

①メイクや汚れなどはしっかり落とす

 

 

基本的なことなので、つい見落としがちですが、メイクの落とし残しやホコリなどが、まつげの根元に残ったままになっている人が以外と多いんです。

 

こうした汚れは毛穴をふさいでしまい、皮膚を酸化させてしまいます。

 

すると、まぶたも乾燥してしまいうため、健康なまつげが育ちにくくなるのです。

 

ワンランク上のマツエクに!マツイク効果がアップするコツ3つ!
マツイクの結果が今一つという人は、クレンジングがきちんとできているのか、1度見直してみてはいかがでしょうか。

 

まつげの隙間の取りにくい汚れは、アイシャンプーを使って落とすようにしましょう。

 

 

②正しい手順でまつげ美容液を使う

 

 

まつげ美容液をやみくもに塗るだけでは、まつげが健康的に伸びることはありません。

 

アイテムの利用法を確認したうえで、下記の点に注意しながら、使うようにしてくださいね。

 

 

・美容液は洗顔後に塗りますが、その際、濡れたまつげに付けてはいませんか?

 

・まつげをドライヤーの冷風できちんと乾かしてから、美容液を塗っていますか?

 

 

まつげ美容液はスキンケアの時に使いますが、まずは化粧水と保湿剤だけお肌に塗って、油分の含まれている乳液、クリームなどは、まつげ美容液を塗ってからにしてください。

 

まつげに油分が付いてしまう、とせっかくのまつげ美容液がはじかれてしまい、浸透しなくなってしまう可能性があります。

 

ワンランク上のマツエクに!マツイク効果がアップするコツ3つ!

③まつげ美容液の使い分けで効果がアップ

 

 

まつげ美容液には、さまざまな種類があります。

 

昼と夜、効果の違う美容液を使い分けることで、まつげの成長をサポートすることができますよ。

 

 

昼はUVケア効果のある美容液を使って、まつげの乾燥を防ぎましょう。

 

そして夜は、保湿成分が多く含まれたものを使ってケアしてください。

 

 

また、最近はまぶたにもアプローチできる美容液も増えていますから、夜はこのタイプのまつげ美容液を使うのも1つの方法です。

 

寝ている間は、新しい毛や肌が活発に生成されますから、寝る前の利用が非常に効果的ですよ。

 

ワンランク上のマツエクに!マツイク効果がアップするコツ3つ!
まつげ美容液は、ちょっとした使い方の工夫で、期待できる効果に違いがあること、お分かりいただけましたか?

 

当然ですが、ダメージを受けたまつげにマスカラやビューラーは厳禁です。

 

マツイクと逆行したメイクは、絶対にやめてくださいね。

 

まつげは、ケアの手間をかければかけただけ美しくなるので、効率的なケアを実践してゆくようにしましょう。