まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2018.02.08
悩み記事

【マツエクの疑問】施術中に寝るのは危険?みんなはどうしているの?

マツエクの施術はデザインにもよりますが、1~2時間ぐらいかかります。
施術中は、座り心地がいいリクライニングベッドなどで横になった状態になるので、寝てしまうケースが多いんです。
しかも、施術が上手なアイリストさんが担当すると、エクステの装着で顔や目元を触られると、心地よい刺激を受けてしまって、熟睡してしまうことも・・・。
でも、SNSなどには、施術中に寝るのは危険と書かれています。
他のマツエクユーザーは、どのように対処しているのでしょうか?

 

美容室でも眠くなる!そのワケは?

 

 

髪や顔には、心身をリラックスさせる「副交感神経」がたくさんあるので、長時間触られていると、次第に眠くなってくるものです。

 

美容室に行った時も、同じですよね?

 

最初は美容師さんと会話がはずんでいても、髪をやさしく触られているうちに、ウトウトと・・・。

 

リクライニングチェアの心地よい感触も、眠りを誘いますしね。

 

【マツエクの疑問】施術中に寝るのは危険?みんなはどうしているの?
ただし、美容室と違うのは、マツエクは目元を施術するため、寝てしまうと危険が伴うこと。

 

たとえば、施術中に寝てしまった後、急にカラダが反応して「ビクッ」と動いてしまった時、有害物質が含まれているグルーを扱っている最中だったら、目に入ってしまう可能性があります。

 

また、エクステをつまむツィザーという器具は、先端がとがっていますので、目や肌に刺さってしまうことも考えられますよね。

 

 

ですから、マツエクの施術を受ける時に寝るのは、危険なんです。

 

サロンに行く前に、カフェインたっぷりのエスプレッソを飲むなどして脳を覚醒し、居眠りしないようにするのが安全と言えるでしょう。

 

【マツエクの疑問】施術中に寝るのは危険?みんなはどうしているの?

お客さんが寝るのは、施術が上手いことの証?

 

 

マツエクの施術中に寝るのは、とても危険だということはお分かりいただけたと思いますが、サロン側ではどのような対策をとっているのでしょうか?

 

まず、施術スタッフは、お客さんが寝ることや、不意にカラダが動くことを想定して、慎重に対応しています。

 

慎重なスタッフは、エクステをまつげに装着している時、すぐにツイザーを自分側に引っ込める準備をして、お客さんに当たらないよう注意しているんだそうです。

 

 

また、お客さんが寝てしまったら、やさしく起こしてくれるサロンもあります。

 

ですから、眠気対策を行なってサロンに行ったにも関わらず、施術が進むにつれてだんだん眠くなってきた時は、スタッフさんに遠慮なく

 

「眠くなってきました」

 

と伝えましょう。

 

こうすることで、スタッフさんもさらに注意して施術ができるので、事故の防止につながるでしょう。

 

【マツエクの疑問】施術中に寝るのは危険?みんなはどうしているの?
ちなみに、ベテランスタッフになると、お客さんがマツエクの施術中に寝ることは、自分の施術が上手くできている証だと判断するんだそうです。

 

たしかに、経験が少ないスタッフによる施術だと、顔や目元の触り方がぎこちないですし、まつげが引っ張られたり、グルーがしみたりすることがありますから、眠気どころじゃないですもんね。

 

 

サロンに行く時は、先ほどもお話ししたように、カフェインの摂取などで眠気を飛ばしておくほか、前日に睡眠をしっかりとっておくことも重要です。

 

施術を受ける側としても、安全対策に協力することで、美しい目元が実現することを覚えておいてくださいね!