まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2017.10.16
ケア記事

マツエク人気の裏で広がる恐ろしい美容法!オロナインパックでまつげが伸びる?

インターネットやスマートフォンで、個人が情報発信することが当たり前になった今、間違った情報も拡散されるようになりました。
とくに、美容に関するネタは、若い人を中心に爆発的なスピードで広がっています。
今回は、誰もが信じてしまいそうな軟膏を使った「恐ろしい美容法」について解説します。
インターネットにある美容サイトでも、なぜか有効的な方法として絶賛されていますが、副作用でまつげ抜ける恐れがありますので、ここでしっかり知識を身につけておきましょう。

 

皮膚病の薬で角栓がごっそりとれる?

 

 

あかぎれやしもやけ、ニキビや切り傷など、様々な肌トラブル解消に有効な皮膚疾患薬「オロナイン」。

 

なぜか、角栓を取り除いて美肌をゲットする方法として、「オロナインパック」というものが流行しています。

 

 

角栓とは、鼻や顎など顔の毛穴に詰まった皮脂や角質のことを言います。

 

角栓が増えることで、メイクのノリは悪くなりますし、ニキビが発生しますので、みなさん、さまざまなケアで改善を試みていますね。

 

驚きなのは、思春期ニキビに悩む女子中高生の間に、オロナインを肌に塗って角栓を取り除くことが流行していることです。

 

 

ネットで紹介されているこのパックの手順は、以下のとおりです。

 

 

1.しっかりと洗顔をする

 

2.オロナインを鼻にたっぷりと塗りつける

 

3.そのままの状態で10分程度待つ

 

4.オロナインを洗い流す

 

5.毛穴パックをする

 

マツエク人気の裏で広がる恐ろしい美容法!オロナインパックでまつげが伸びる?
 

オロナインでパックをした後に、毛穴パックを使うことで多くの角栓を取ることができる、らしいです・・・。

 

実際に、この方法でとれた角栓を写真で公開している人もたくさんいるので、効果はあるのでしょう。

 

 

しかしこれは、肌に深刻なダメージを与える行為なのです。

 

 

 

目元に塗ってマツイクする人も続出!

 

 

オロナイン顔に塗ると、角栓がふやけて取れやすくなるという口コミが多いのですが、角栓は皮膚病ではありません。

 

普通のお肌にオロナインを塗ると、炎症が発生しやすくなるのです。

 

しかも、紹介されている方法では、肌へのダメージが大きい、毛穴パックも使うと説明されています。

 

 

これでは、角栓がとれてキレイになるどころか、肌トラブルを発生させてニキビが増えることにつながりますし、炎症がひどくなって顔全体が真っ赤に腫れあがるリスクもあるのです。

 

 

さらに恐ろしいのは、このオロナインパックが、目元のオシャレにも効果的だというデマが広がっていることです。

 

 

「まつげに塗ったら、1週間ぐらいでフサフサになった」

 

「目元に塗ったら、二重になった」

 

 

こんなこと、絶対にありえません

 

オロナインの注意書きを見ても、目に入った時の危険性は、ハッキリと書かれています。

 

マツエク人気の裏で広がる恐ろしい美容法!オロナインパックでまつげが伸びる?
 

目元は皮膚が薄いので、ダメージを受けやすいのです。

 

オロナインの刺激が加わると、肌の水分や皮脂量が低下して、新陳代謝が鈍くなり、新しいまつげが作られなくなることもあります。

 

また、まつげのコシやハリも失われますから、マツエクの持ちも悪くなります。

 

 

オロナインパックで、まつげが抜けることはあっても、伸びることは絶対ありません

 

周りにこうした美容法を実践している人がいたら、すぐに止めてあげてくださいね!