まつ毛・マツエク情報マガジン、マツゲラボ

公開日 2017.10.12
デザイン記事

マツエクを目尻だけに施術すると、目元の印象は「たれ目」になる?

つけまつげでボリュームアップさせる方法として、好みの長さに切って目尻だけにつけるという、部分的な施術があります。
目尻だけのつけまつげも販売されているぐらい、人気を集めているデザインです。
お手軽なのがつけまつげのいいところですが、デザインの美しさを考えるなら、マツエクの方が断然上です。
そこで今回は、サロンでの具体的な施術方法や、気になる印象について分かりやすく解説してゆきます。

 

自然なたれ目になれるのが大きな魅力

 

 

目尻のみをボリュームアップさせることの1番の魅力は、「たれ目」を演出できること。

 

目尻部分のみにマツエクをつけることで横幅を作り、たれ目で柔らかい印象や、セクシーで大人っぽい印象を与えることができます。

 

つり目の方や、キツイ印象を与えてしまう顔立ちの方におすすめです。

 

 

目全体にマツエクをつけると、ゴージャスな印象にはなりますが、やりすぎると不自然なものとなってしまいます。

 

それに比べて、目尻のみのマツエクは、とてもナチュラルに仕上げることができます。

 

ただし、地まつげの本数が影響するので、目尻につけられるボリュームにも限りがあります。

 

 

その分、目尻だけになるとマツエクの費用が少なくて済むのは大きなメリットです。

 

 

目尻だけだと、片目に10ずつ付けるだけでも、かなり印象は変わりますよ。

 

マツエクを目尻だけに施術すると、目元の印象は「たれ目」になる?

本数や太さ、カールによる印象の違いは?

 

 

目尻のみにマツエクをする場合、あまり派手なものではなく、ナチュラルな毛感のほうが、違和感なく目力をアップできます。

 

施術は目尻だけなので、マツエクがあまり太いと不自然になってしまうのです。

 

 

目尻用マツエクの太さは0.12ミリか0.15ミリのもので、片目20本から始めるのがベストです。

 

 

目尻の濃さを求めなければ0.12ミリのものを、目尻の濃さを求めるのであれば0.15ミリのものを選びましょう。

 

ボリュームが物足りないと感じる場合は、アイリストの方と相談しながら本数を増やしていきしょう。

 

 

マツエクの長さは、地まつげ+1~3ミリのタイプものを選びます。

 

地まつげに近いマツエクの長さや太さを選ぶことが、自然に盛るためのポイントです!

 

長いマツエクをつけると、向きがばらついたり、取れやすくなったりというデメリットが発生するということを覚えておきましょう。

 

 

また、マツエクのカールは1番緩いJカールがおすすめ。地まつげにつける接着面が広く、持ちがいいのも特徴です。

 

このポイントも、地まつげに合うかどうか、必ずサロンのアイリストさんに確認してくださいね。

 

 

カワイイたれ目を長持ちさせるコツは?

 

 

目尻のみにマツエクをした場合、持ちは1週間~1ヶ月ぐらいが目安になります。

 

フルタイプのマツエクと、持ちの程度はあまり変わりありませんが、目尻を触るクセがある方や、横向きで寝る方だと、これより早めにとれてしまう可能性があります。

 

 

マツエクの持ちを少しでもよくするために、クレンジングや洗顔はオイルフリーのものを使うことと、洗顔料はしっかり泡を立て、こすらず泡で優しく洗ってあげることが重要です。

 

最後に就寝時。

枕に目尻を擦りつけてしまうと、その分マツエクが取れやすくなってしまいます。

 

その場合は、横向き専用枕などを使ってみるのも、1つの方法です。

 

また、就寝前は目元ギリギリにクリームを塗ってしまうと、無意識に目を擦った際にマツエクが取れてしまいます。

目元・目尻の保湿はしっかりしつつ、デメリットも考えてお手入れするようにしてください。

 

 

マツエクを目尻だけに施術すると、目元の印象は「たれ目」になる?
もちろん、地まつげの長さや太さが違うエクステを選ばない、ということもお忘れなく!

 

 

価格の安さや仕上がりの自然さ、施術時間の短さなどを考えても、目尻のみのマツエクは、1度挑戦してみたいものです。

 

サロンの予約サイトを利用すると、腕のいい施術スタッフが在籍しているお店が見つかりますから、口コミのチェックで利用者の感想をチェックしてみてくださいね。